11/4 () 12:00〜12:45

チェロ作品演奏

演奏者:植木昭雄 (Vc) & 佐藤勝重 (Pf)

楽器製作者:(会 員) 伊東三太郎  岩井孝夫  金子陽一

        (会員外) 大塚紀夫  西村翔太郎(宮地楽器小金井店)

 

曲 目

 

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番プレリュード

G.フォーレ:エレジー

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番アルマンド

E.エルガー:愛の挨拶

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番クーラント

S.ラフマニノフ:ヴォカリーズ

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番サラバンド

G.カサド:愛の言葉

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番メヌエット

G.フォーレ:シシリエンヌ

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番ジーグ

A.グラズノフ:吟遊詩人の歌

 

11/4 () 13:00〜13:45

チェロ作品演奏

演奏者:植木昭雄 (Vc) & 佐藤勝重 (Pf)

楽器製作者:(会 員) 猪子宏明  沢辺 稔

        (会員外) フィリップ・クイケン  潟Vャコンヌ

 

曲 目

 

・R.シューマン:幻想小曲集Op.73より

・S.ラフマニノフ:チェロソナタOp.19より3楽章

・J.ブラームス:チェロソナタ2番Op.99より2楽章

・C.ドビュッシー:チェロソナタより

・D.ポッパー:ハンガリアンラプソディー

 

植木昭雄 チェロ

Akio UEKI Cello

 

6歳よりチェロを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園大学に入学。1994年、第4回日本室内楽コンクールチェロとピアノのデュオ部門で入賞、桐朋学園大学在学中の1994年10月、フランスのリヨン国立高等音楽院に留学。

1995年、イギリス、マンチェスターチェロフェスティヴァルに招かれ参加。同年,第64回日本音楽コンクールチェロ部門入選。1996年、イタリア、ラヴェッロ国際室内楽フェスティヴァルにリヨンクァルテットとして招待され、3夜連続演奏会を行う。1997年、霧島国際音楽祭にて特別奨励賞を受賞。1998年、リヨン国立高等音楽院を卒業し、ディプロマを取得。1999年、1月より1年間アメリカ、インディアナ大学に留学。2000年6月、東京文化会館主催の新進音楽家デビューコンサートに出演。2001年11月、津田ホールにてデビューリサイタルを行い好評を博す。2002年、ソニー音楽芸術振興会より第一回斎藤秀雄メモリアル基金賞受賞。2004年、東京フィルハーモニー交響楽団とプフィッツナーのチェロ協奏曲第3番を日本初演。小澤征爾が音楽監督を務めるサイトウキネン・オーケストラ、室内アンサンブル「ストラヴァガンツァ東京」、加古隆クァルテットのメンバー。これまでにチェロを松波恵子、イヴァン・シフォロー、堤剛の各氏に師事。室内楽を原田幸一郎、ラヴェル・クァルテット、練木繁夫の各氏に師事。

2011年6月、2枚目のアルバム「The Short Story from Daddy」をリリース。

     

佐藤勝重 ピアノ

Katsushige SATO Piano

 

桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後渡仏。その後パリ国立高等音楽院を1等賞、パリ・エコール・ノルマル音楽院の高等演奏家課程を賞賛つき満場一致で卒業。これまでに福岡幸子、江戸弘子、G.フレミー、G.ムニエの各氏に師事。この間、全日本学生音楽コンクール全国大会優勝やSOFIA国際ピアノコンクール第1位受賞など、国内外のコンクールに入賞する傍ら数多くのコンサートに出演。また、2000年にはワルシャワで行われた第14回ショパン国際ピアノコンクールに日本代表として選抜され推薦出場を果たした。2012年にリリースされた初ソロCD「ノクチュルヌ」は、15人の作曲家によるノクターンを収録し、レコード芸術誌特選盤に選ばれ大きな反響を呼んだ。2016年4月にセカンドアルバム「オマージュ」をリリース。近年は室内楽にも力を入れており、日本を代表する弦、管楽器アーティストと全国各地の演奏会で共演し、これまで7枚の室内楽CDを録音している(Tpアレクセイ・トカレフ、Eph露木薫、Vc植木昭雄、Fl荒川洋、Vn大平まゆみ)。また、音楽雑誌への執筆やセミナーでの講義、全日本学生音楽コンクールなどの審査員も行い、桐朋学園音楽大学、昭和音楽大学にて後進の指導にも力を入れている。

公式ブログ:http://yaplog.jp/katsushige/

RETURN
RETURN return