2017弦楽器フェアコンサート

ギター作品 演奏者プロフィール

新井伴典 Guitar

新井伴典 Tomonori ARAI Guitar

東京、渋谷生まれ。6才よりギターを父、和夫に師事。同時にピアノも始める。ジュニアギターコンクール・学生ギターコンクール・第6回スペインギター音楽コンクールで優勝。

1991年より原 善伸に師事。1992年ドイツ国立ケルン音楽大学入学。在学中に佐々木 忠、ゾーラン・デュキッチ、トーマス・ミュラー=ぺリングに師事し、2000年同大学にてソリストコース終了。

在独中には各国の国際コンクールで入賞。帰国後ソロをはじめ室内楽にも積極的に取り組み、飯森範親の指揮でギターの2大協奏曲「アランフェス協奏曲」と「ある貴神のための幻想曲」を演奏し絶賛される。

3つのソロアルバムはいずれもレコード芸術誌”特選版”に選出。また、次世代ギタリストの育成、コンクール上位入賞など後進の指導にも力を入れ、門下生の受賞数は国内外で140を超える。

現在までにドイツ、ポーランド、オーストリア、イタリア、チェコ、ベルギー、フランス、フィリピン、インドネシア、タイ、ネパール、ベトナムで演奏。

上野学園大学クラシックギター科非常勤講師(大学、短大、高校、中学)。現代ギターGG学院講師。日本スペインギター協会理事。GLC(ギター・リーダース・クラブ)会員。日本ギター連盟会員。

http://arai-guitar.com/

ディスコグラフィー

アブリール(ソロ2005年)

スペインの城(ソロ2006年)

アルポリズム(ギタートリオ2006年)

シンプル・エッセンス(ソロ2011年)

夏の列島(ギターデュオ2011年)

夏国のアクア(ギターデュオ2014年)

ピレネーを越えて(フルート&ギター2016年)

ギターのための”ジャック・イベール”作品集(ギターデュオ2016年)

12のスペイン舞曲~グラナドス作品集(ギターデュオ2017年)