2018弦楽器フェアコンサート

演奏者プロフィール

須山暢大 Violin

須山暢大 Nobuhiro SUYAMA Violin

都立芸術高校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。第1回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第2位。シオン・ヴァレ国際ヴァイオリンコンクール入賞。ヴァイオリンをG・フェイギン、石川静、G・プーレ、山口裕之、S・アシュケナージ各氏に師事。

ソリストとしてセントラル愛知交響楽団、藝大フィルハーモニア、東京室内管弦楽団、Shlomo・Mintz指揮 Orchestre Dohnanyi Budafok、Spirit of Europe等と共演。

これまでに、サイトウキネンオーケストラ、紀尾井シンフォニエッタ、赤穂国際音楽祭プレコンサート、姫路国際音楽祭プレコンサート等多数出演。エピス・クァルテットとしてベートーヴェン弦楽四重奏曲後期作品シリーズを毎年開催。

日本各地の主要オーケストラにコンサートマスターとして客演した後、2018年大阪フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターに就任。

谷合千文 Piano

谷合千文 Chifumi TANIAI Piano

都立芸術高校を経て東京藝術大学卒、同大学院室内楽科修了。

これまでに日本フルートコンヴェンション、オホーツク紋別音楽セミナー、二期会オペラ研修所、バレエ団芸術座などでピアニストを歴任し、幅広いジャンルをカバーできる奏者として高い評価を得ている。近年ではYNOニューオペラシリーズ『二都物語』『Juliet』など新作オペラの初演に数多く携わり、公演を成功に導いた。

2018年3月まで10年間東京藝術大学に勤務。弦楽科伴奏助手等の任務を通し多くの学生の後進の指導にあたる。